ジーンズに関する情報が満載!

ZEENZ STYLE

ジーンズ選びのポイントはウエストサイズだけではない

いつものサイズのジーンズを購入したのにもかかわらず、サイズが合わない、履き心地が悪いという経験をしたことがある方は多いものです。
サイズ表記がウエストサイズであることがほとんどで、それ以外のサイズを気にしていないことが原因となっているようです。
自分自身のサイズの変化がなくても、ブランドや形の違い、素材の伸縮性などによっては着心地は大きく変わってきます。
活動的なときに履きたいものですから、履き心地の良いものを購入したいところです。
それには、ジーンズと言えども試着を怠らないことが重要になります。
太もものサイズなども履き心地に大きく影響してきます。
伸縮性の少ない生地の場合、少々小さく感じることがありますのでそういった点についてもチェックしておきましょう。
試着時に軽くしゃがんでみることをお勧めします。
その時にひざを曲げにくいようなものを避け、スムーズに動くことができるような製品を選ぶようにするのがコツです。

ジーンズのウエスト表記はあくまで目安で履きこなしが大事

ピッタリフィットするジーンズを選びたい時、そのサイズの目安として最も参考にするのがウエストの値である事は間違いありません。
この値がだいたい自分のウエストと一致していれば、多少の足部分のフィット感の違いはあれど、だいたい問題無く穿きこなせる筈なのです。
またジーンズを構成するデニム生地は一定の力や温湿度が加わると伸び易いという事もあって、しばらく繰り返し穿いていればウエスト部分が次第に腰周りに馴染み、丁度良いフィット感となってきます。
新品の頃は若干きついと感じていたパンツであっても、繰り返して穿いているうちに適度にフィットし、次第に気にならなくなってくるものです。
またこれは日本人とのサイズの微妙な相違は値がインチ表示となっている事にも由来します。
1インチはおよそ2.5cmですが端数分を加味すると比較的アバウトな換算値となる上、上記の様な生地の伸びという後天的要因もあって、あくまでサイズの目安として捕えた方が良い場合もあるのです。

注目サイト

Last update:2016/9/21

▲TOPへ